toggle

BIOGRAPHY

Japanese / English

Profile

ものごごろついてまもない小学1年の頃から自宅近くの絵画教室で絵を学ぶが、小学3年の時、絵画教室の画家、久保 晃氏にはじめて油絵を教わる。幼少期に師に連れられ、油絵道具を携帯して、イーゼルを立て、風景を描いていた経験が、のちの学生時代の風景を抽象化した作品につながっている。
1989年、ギャラリスト故渡辺氏の経営するON GALLERY(西天満/大阪)で絵画による初個展を開催。次の1991年の同ON GALLERYでの個展で、風景からの抽象性というテーマを離れ、画面に有機的なモチーフを登場させた「ミッキー・胚芽」を発表している。
その後数度の個展開催後、制作発表を休止。その間、デザインの仕事に携わる。
2012年には自身が立ち上げた「美術造形教室アトリエみらいの木」にて絵画造形講師をし、以降主に児童画教育の業務に携わる。
制作発表休止後から約20年の歳月ののち、2017年に絵画制作を再開。翌2018年7月にGALLERY wks.(南森町/大阪)にて個展開催。

RIE TAKESHITA 竹下理恵経歴

1965 京都に生まれる
1989 京都市立芸術大学大学院美術研究科(修士)修了
現在、大阪府吹田市に在住

[個展]

1986 写真作品による展覧会 ギャラリープリンツ(京都)
1989 オン・ギャラリー(大阪)
1991 オン・ギャラリー (大阪)
1992 ギャラリー16  (京都)
1993 オン・ギャラリー (大阪)
1994 ギャラリー16  (京都)
1997 キュービックギャラリー (大阪)
2018 GALLERY wks.(大阪)

[グループ展]

1989
ART LINE ’89 (大阪府現代美術センター)

1990
五つの心臓 (ギャラリー16 /京都)
大阪女流作家三人展 (3rd GALLERY / 韓国)
片山和彦・高尾 漸・竹下理恵 三人展 (ギャラリーマツフジ / 大阪)

1991
五つの心臓 Part2 (ギャラリー16 / 京都)
描く力 (信濃橋ギャラリー / 大阪)
第2回大田トリエンナーレ’91 (韓国)

1992
五つの心臓 スペシャル (ギャラリー16 / 京都)

[パブリック・コレクション]

陶板壁画および絵画 岡山県運転免許センター